2010年11月13日より南アで開催されている『International GS Trophy』の様子をお伝えしていきます。皆さんも、一緒にチーム・ジャパンの応援を宜しくお願いします。

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30



GS トロフィー日本代表3名決定しました!!
週末に開催された『GS Trophy国内選考会』を見事突破し、
南アフリカ行きの切符を手にした3名の日本代表が決定いたしました。

d0161860_10302998.jpg

※写真は、向かって右からコーディネーター三橋氏、2番目山内さん、3番目相川さん、BMW Motorrad ジャパン ディレクター・ライナート、中井さん、METZELERのアンドレア氏です。

今年の選考会は、第1次~第4ステージまで、
バイクの技量だけではなく、時にチームワークや自身のスタミナを試され、
最終選考の第5ステージで、ようやくF 800 GSを使用したライディングスキルを試されるプログラムが
組まれました。


GS Trophy 国内選考突破 日本代表
1位: 山内幸治さん (予選会 R 110 GS)
2位: 相川成周さん (予選会 G 650 Xchallenge)
3位: 中井善男さん (予選会 R 1100 GS)


以下、国内選考を突破された皆さんのコメントです。

山内さんのコメント:

国内選考会の感想と、日本代表に選出された感想

とにかく国内選考会を突破できて、最高にうれしいです。

2年前のチュニジアにも挑戦しましたが、あえなく転倒リタイアで、悔しい思いをしました。

今回代表に残れたのは、

第3ステージの『チーム でこぼこ』、第4ステージの『チーム 56』のチームのみんなの力のお陰だと

思っています。本当にチームのみんなには、感謝しています!

d0161860_10445882.jpg


アフリカは、若いころからパリダカの舞台として憧れていた大地・・・

場所こそ違いますが、いつか走ってみたい!と思っていたので、大変うれしく思います。


南アフリカに向けて


無理しないように、

自分自身の体力とライディングスキルをしっかりトレーニングしたいと思います。




相川さんのコメント:

国内選考会の感想と、日本代表に選出された感想

三橋さんプロデュースのステージは、楽しくもあり厳しいものでした。

一番、緊張したのは、第1ステージで、単に急発進と急制動を行うだけなのに

5秒程度でバイクの技量を見抜かれしまうステージだと実感しました。

d0161860_1163017.jpg


第2、第3・4ステージは、

バイクの技量よりも、集中力や洞察力や体力と、ちょっとだけ語学力を問うステージだったと思います。

d0161860_11243728.jpg
d0161860_11245082.jpg



第3・第4ステージは、即席チームを作っての4人一組での団体戦。

しかし即席チームとは言えない程の素晴らしいチームワークで汗だくになり息を切らし

体力の限界までチャレンジしました。

d0161860_1125448.jpg
d0161860_11251382.jpg
d0161860_11252364.jpg


ともに戦ったチームメンバーには、この場を借りて感謝させて頂きます。

d0161860_1054873.jpg


運良くファイナルステージに残り,最後は「楽しもう」という気持ちで挑みました。

しかしF800GSは初めて乗るバイクだったこともあり、

実況のマン島TTライダー松下さんにセルを回してもらう程で「楽しもう」という余裕は全くありませんでした。

d0161860_119049.jpg


スタート直後のスラロームもフラフラ。

コースインしても皆さんから熱い声援を頂くものの走りで応えられず、不甲斐ない走りで終わりました。




日本代表に選出していただき感謝感激です。

2008年の選考会では、行きたい気持ちが空回りしてあっけなく敗退しましたので、

今回は、トロフィー選考会をスキルチャレンジの延長ぐらいにしか捉えませんでした。

三橋さんが丹誠込めて作られたステージを気負わずに存分に「楽しもう」としたのが

良かったかもしれません。

自分自身速いライダーとは思っていませんし旨いライダーとも思っていません。

ただどんな状況でもその場を楽しめるライダーにはなれそうな気はしていますので、

折角頂いたチャンスを十二分に活かしを思う存分楽しませていただこうと思っています。


南アフリカに向けて

アフリカと言えば前回大会のチュニジア大会の光景、またパリ・ダカールラリーの光景、

さらにユワン・マクレガーのLong Way Downの光景が浮かびます。

南アフリカにはどんな道、いやどんな大自然が我々を待ち受けているか

期待と不安でいっぱいですが

チームメンバーと力を合わせ克服するとともに、大好きなバイクの時間を堪能したいと思います。

また9カ国の人々と競うことになりますが、

約十日間も9カ国の人々と寝食を共にするのですから始終目を三角にしているだけではなく、

一人でも多くのライダーと交流を深め、バイクの楽しさ素晴らしさを共有できる

日本を代表するグッドライダーにもなりたいと思っています。


そのためにもライテクと体力とコミュニケーション能力を強化したいと思っています。

ITに明るい方なのでもし可能であれば現地からtwitterやUSTREAMしてみようかと画策してます。



________________________________


一部イベントの写真は、ご本人でないものもございます。

イベントにご参加者いただいた皆さま、本当にお疲れ様でした。

11月に開催される南アフリカでの

日本代表の活躍をみんなで応援しましょう!!
[PR]
by BMWGS2010 | 2010-06-22 11:01
<< 続| GS トロフィー日本代表... Japan GS チャレンジ ... >>